地区情報交換会
(後援:公益社団法人日本人間ドック学会)

平成29年度より地域の活性化、連携を目的に地区情報交換会を立ち上げました。
今年度は下記3地域ですが、来年度以降順次全国に展開予定です。
是非積極的にご参加いただけますようお願い致します。

<共通事項>

会 費:
健診協会会員:2,000円/名
ドック学会会員その他:5,000円/名

※懇親会がある場合は別途申し受けます。

関西地区

去る1月19日(金)に、平成29年度関西地区情報交換会が開催されました。
今年度が初年度となりましたが、研修会には68名、懇親会にも30名と大変多くのご参加をいただきました。
お忙しいところありがとうございました。

プログラムではまず賛助会員のジャパンイノベーション様より、うつ病評価尺度(Jiテスト)についてのご紹介があり、続いて当協会那須理事長より、判定区分や基本検査項目、健診団体連絡協議会、職域におけるがん検診のマニュアル等について、最新の情報提供がありました。

今回急遽「2型糖尿病におけるIoTを活用した研究協力のお願い」のプログラムを追加し、国立国際医療センターの坊内先生よりご講演をいただきました。アプリを使った2000人規模の大規模研究ですので、是非健診施設にはご協力いただきたいとの依頼がございました。

メインのご講演は、立命館大学ビジネススクール講師の池田吉成先生に、「健診機関に求められる経営強化とはー人間ドックを中心にー」と題して、ご講演をいただきました。

コンサルタントとしての目線からの内容で、損益分岐点分析、集客分析、推薦者正味比率など色々な具体的な方法や、ヒントをいただくことができました。アンケートでも大変満足との声が多く、大変参考となったので自施設で取り入れたい、さらに深く聞いてみたいなどの感想を多くいただきました。

次回はまた来年度となりますが、是非ご参加お願い致します。