九州健診経営研究会

九州地区では、九州健診経営研究会という名称で活動をしております。

<会 長>
嶋田 真二(日本赤十字社 熊本健康管理センター)
<世話人>
奥羽 孝文(日本赤十字社 熊本健康管理センター)
田川 貴浩(済生会熊本病院 予防医療センター)
河合 範尚(聖マリアヘルスケアセンター)
藤岡 和徳(特定医療法人財団博愛会)

九州・沖縄地区のオプション検査項目のアンケートのお願いについて

11月に開催される第3回九州健診経営研究会と保険者交流会の場においてアンケート調査の結果を発表したいと考えております。是非たくさんの施設にご協力いただけますと幸いです。
何卒よろしくお願い致します。

アンケート用紙のエクセルはこちら エクセル
(回収期限:6月30日)
送付先アドレス:k-info@kenshin.gr.jp

第3回九州経営研究会 予定

日 時:
11月9日(金) 14:00~19:00 (懇親会含む)
場 所:
アクロス福岡
会費:
協会会員 2,000円/名、その他会員 5,000円/名
※懇親会費は別途

<プログラム案>

  • ①オプション検査項目の価格調査アンケート
  • ②健診機関に求められる経営強化とはー人間ドックを中心にー
  • ③各施設における業務改善に関する事例とシンポジウム

第2回九州経営研究会 報告(平成30年3月16日 福岡)

第2回目は3月16日(金)にアクロス福岡にて開催し、40名の方にご参加いただきました。

第1部は健康保険組合連合会本部、保健部部長の小松原様に「健康寿命延伸に向けた健保組合の取り組み」について、健康経営、データヘルス、第三期特定健診への取り組みをお話いただき、大変わかりやすかったとのお声をたくさんいただきました。

第2部のシンポジウムでは「我が施設の特徴」ということで、4施設からご講演をいただきました。
世話人代表の日本赤十字社熊本健康管理センターの奥羽さんが座長の下、社会医療法人博愛会の「乳がん検診」、済生会熊本病院 予防医療センターの「イブニングレディースドック」、社会医療法人財団 天心堂の「健やか学童保育」、特定医療法人財団博愛会の「健康経営の取り組み」とそれぞれ独自の取り組みをなさっており、参加者にとっては大変参考になり、その後の質疑応答でも立ち入った内容のご質問もあり、参加者の興味の深さが伺えました。シンポジストの皆様、ご参加の皆様ありがとうございました。

第1回九州経営研究会 報告(平成29年10月13日 熊本)

九州健診経営研究会は日本人間ドック健診協会の地方組織として、熊本日赤健康管理センターの事務部長の嶋田様に会長を務めていただき、九州全体の健診施設の経営等に関わることについて、施設間の連携、情報共有、質の向上などを目的として発足致しました。

第1回目は10月13日(金)に熊本日赤健康管理センターにて開催され、40名の方にご参加いただきました。お忙しいところご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

まず第一部は当協会の那須理事長より、判定区分や基本検査項目、健診団体連絡協議会、職域におけるがん検診のガイドライン等についての最新の情報提供があり、その後メイン講演「健診機関における医療事故対策~いまだから知っておきたいこと 考えておきたいこと~」と題して、九州大学大学院医学研究院准教授の鮎澤 純子先生にご講演をいただきました。60分が大変短く感じ時間が足りないように思われるご講演で、医療従事者でなくとも普段の生活にも活かせる内容でとても勉強になりました。

第二部は「ストレスチェックの現況」のシンポジウムを、聖マリアヘルスケアセンター 国際保健センター 副センター長 生活習慣病科 診療部長の福井 卓子先生の座長の下、4名のシンポジストから各施設自体のストレスチェックの実情や受託金額、顧客に対してのストレスチェックの受け方、また健診施設3施設のストレスチェックの比較など、参加いただいた施設の方においては大変参考となった発表でした。ご協力いただきましたシンポジストの皆様、ありがとうございました。

第2回は平成30年3月16日(金)に福岡の博多にて開催が決定しております。プログラムはこれからとなりますが、決まり次第ご案内させていただきますので、是非ご参加ください。