2019年度 新規事業
健診結果の電子化データ推進と質の向上に関して

【健診協会会員限定のご案内】

2020年度より一部の健康保健組合が健診標準フォーマットを導入するにあたり、それに伴い日本人間ドック健診協会では、2019年度の新事業として「健診標準フォーマット」のパイロット事業に参画することが6月20日の理事会で決定し、通常総会にて報告致しました。

こちらのパイロットスタデイについては、健診協会の会員であれば無償で健診標準フォーマットを導入できる機会となっておりますので、なるべく多くの施設にご賛同いただき、ご参加いただきたくお願い致します。

導入を希望される会員施設様につきましては、申込書類に必要事項をご記入いただき(k-info@kenshin.gr.jp)までご返信ください。【応募締切:8月末まで】

尚、いただいた情報は、健診協会より日本医師会総合政策研究機構の担当者へ共有させていただき、後日先方より直接ご連絡を差し上げます。

7月~7月末にかけて日立健康保険組合が全国8ブロックにて健診標準フォーマットに関する説明会を開催しております。日立健康保険組合と契約がある施設につきましては、すでにご案内が送られているかと存じます。説明会にご参加いただき健診標準フォーマットの内容についてご確認ください。

  • 申し込み書類はこちら(PDF)(Word
  • 健診標準フォーマットの詳細については こちら

<概要図>

概要図

申込に関しての問い合わせ

日本人間ドック健診協会 担当:渡邊
Mail:k-info@kenshin.gr.jp tel:03-3265-0073

健診標準フォーマットの内容、詳細に関しての問い合わせ

日本医師会総合政策研究機構

  • 吉田 澄人日本医師会総合政策研究機構 Mail:s.yoshida@jmari.med.or.jp
  • 窪寺  健日本医師会総合政策研究機構 客員研究員
    有限会社ビガージャパン代表 Mail:kubodera@vigor.jp
    (健診標準フォーマット運用業務の委託契約事業者)

健診ニュース

健診ニュースはこちらをご覧ください。